1日単発アルバイト。単発アルバイトを探す方法、失業保険と単発アルバイト

求人数5000件以上の単発アルバイト専門サイト!⇒1日だけでも働ける超短期バイトはこちら
検索も簡単、好きな条件から簡単にバイトが探せる⇒好条件のバイト探しはこちら

おすすめの単発アルバイトは?

1日だけ働く単発のアルバイトはショットワークともいわれ、求人情報誌やアルバイト求人サイトを見ると必ず載っている、人気のアルバイトスタイルです。


単発アルバイトに比べ、長期のアルバイトは収入が安定しますが、「自由に勤務シフトが組めない」「人間関係に疲れる」などのデメリットもあり、それを嫌う学生アルバイターなどは気楽な単発のアルバイトに走ったりしています。


1日からの単発アルバイトのメリットは、なんといっても空いた時間が有効に使えること


では、単発アルバイトでのおすすめの職種は?ということになると、これがなかなか難しい・・・長期のアルバイトなら、仕事を覚える期間を取れますが、短期間の単発アルバイトとなるとそうもいきません。


1日からの単発のアルバイトに求められるのは即戦力です。ですので、長期アルバイトの経験があれば、単発バイトでも同じような職種を選んだほうがいいかもしれませんね。アルバイト自体の経験がまったくない方なら、ハードルの低いティッシュ配りや、体力に自信があるならガテン系の力仕事などがよいでしょう。


最近では、倉庫内の軽作業、イベントや展示会、キャンペーン、チラシ配布などのサンプリング、販売・レジ、事務、引越、運送・配送、コールセンター関連など、単発アルバイトの種類がグーンと増えています。希望の職種はきっと見つかると思いますから、がんばって探しましょう。

単発アルバイトの探し方

「急な出費が続いてお金がない!」「つきあってる彼女の誕生日にプレゼントをあげたい!」でも、Wワークをする時間はない・・・こんな経験ありませんか?


そんなときこそ単発のアルバイト土日のどちらかを単発バイトに当てるだけで、1ヶ月5万円くらいなら稼ぐことができます。そんな1日だけの単発アルバイトを簡単に探す方法をお教えします。


まずは、パソコンや携帯電話の検索サイト(GoogleとかYahoo!ですね)にアクセスし、携帯電話であれば、iモードなどのメニューに検索サイトへのリンクがありますのでこれを利用します。検索窓に「単発アルバイト」と打ち込んで検索ボタンを押せば、単発アルバイトに関連するサイトがずらりと出てきます。すでに働きたい職種が決まっていれば、「単発アルバイト ティッシュ配り」などと入力。この中から、自分に合ったバイト先を選びます。


アルバイト求人情報サイトで探すのも良いですが、「単発アルバイト+○○(業種)」と検索して探すと意外と面白いアルバイトが見つかりますよ。ぜひお試しください。

失業保険をもらいながら、単発のアルバイトってできるの?

単発のアルバイトと失業保険(雇用保険)についてお話しします。


あなたはハローワークに行ったことがありますか?ハローワークは、職業を斡旋してくれるだけではなくて、失業保険の受給手続きを行う場所でもあります。


失業保険をもらいながら、単発のアルバイトをすることができるのかどうか・・・実はこれ、可能です。しかし、単発アルバイトの給料が月トータルで一定額を超えると、翌月の受給資格を失ってしまいます。ここをしっかりと把握しておかなければいけません。ちなみに、ハローワークで認められるバイト日数は「月に14日未満」かつ「週に20時間未満」が基準といわれています。これは、失業保険が職探しに専念できるようにするための支援金である以上、単発アルバイトであっても、十分なお金があるのなら(稼ぐことができるのなら)給付する必要はないという判断ですね。


まったく無申告でアルバイトをした場合、通報でバレれば倍額返金もあるそうなので、ここはきっちり申告したほうがよいでしょう。